【富士見坂から】7月31日の富士

2022年7月31日の富士  武井 篤夫

今年の関東地方の梅雨明けは6月27日でした。昨年より22日、平年より19日も早く、梅雨明けと同時に猛暑となったのですが、その後は曇りや雨の日が多く戻り梅雨と思われるような雨の日が続きました。
そんなわけで、片瀬山からは7月はほとんど富士を見ることができませんでした。そして7月も最後の31日になってやっと朝から富士が見えました。9時過ぎには富士の周りに雲が発生して見えなくなりましたが、日没が近くなって再びその姿が現れました。そして富士が夜の闇に沈むまで、多彩な姿を見せてくれました。
今回は7月31日のそんな富士の写真を掲載します。

2022年7月31日6時28分 全く雲が出ない素晴らしい晴天でスタート
7時51分 山頂付近ににわかに雲が発生
9時43分 周囲の雲が発達し始めた
11時41分 どんどん雲の背が高くなり、さらに広がって全く見えなくなった
18時18分 再び見え始めました
18時51分 全体が見えて夕日に雲が輝いています
19時09分 夕暮れがもっと進み・・
19時21分 夜のとばりが・・

この日、全国の猛暑日は168地点を記録しました。その一方で、夜は北関東で雷神が大暴れして記録的大雨情報が各所で出されました。