【自治会情報】災害に備えた片瀬山主要道路無電柱化要望書提出-その1

大災害の際の避難路・避難物資・給水の確保のために

今年2021年1月8日付で藤沢市長宛で片瀬山の5自治会長+防災会長連名で「大災害時に備えた避難路確保の為の 片瀬山主要道路の無電柱化 に関する要望書」 が提出されました。

“【自治会情報】災害に備えた片瀬山主要道路無電柱化要望書提出-その1” の続きを読む

【始まりを探して】片瀬山防犯カメラシステム-その1

駐在さんの熱意が自治会役員を動かした~導入が決まるまで

片瀬山住宅地は治安が良い、安心な街 とよく言われます。住民による防犯パトロールやこども110番参加数等は市内のどこよりも多いです。中でも現在9か所13台ある防犯カメラがもたらす安心はとても大きいと思います。

“【始まりを探して】片瀬山防犯カメラシステム-その1” の続きを読む

連合わかやぎ会

わかやぎ会    

◆わかやぎ会のご紹介
 「わかやぎ会」は片瀬山の老人会(法律用語では、「老人クラブ」)の名称です。形式上は
、第1わかやぎ会(1丁目と2丁目)、第2わかやぎ会(4丁目と5丁目)、第3わかやぎ会(3丁目)に分かれていますが、実際には「わかやぎ会」の名の下,一体的に運営されています。このため、第1、第2、第3わかやぎ会は、それぞれ老人福祉法(昭和38年法第133号)に基づいて、藤沢市に登録し、同市の支援を受けています。
 わかやぎ会の活動は、相互の親睦のみならず、健康増進、相互扶助、文化教養、社会奉仕、各種サークル活動など、多方面にわたっています。また、わかやぎ会は独自の歌を作り、広報
誌も年2回発行しています。
 わかやぎ会の加入資格は一応、片瀬山の居住者で、65歳以上の人ということになっていますが、実際には居住地域や年齢に関係なく、希望者はどなたでも加入できます。会費は年間1,000円です。現在会員はおよそ200人ほどですが、できるだけ多くの方々に、加入していただき、一層活動を盛んにしたいと願っています。
第1わかやぎ会会長 簑田 和 
第2わかやぎ会会長 宇田川ルイ子
第3わかやぎ会会長兼
 連合わかやぎ会会長  立脇和夫
  連絡先0466-22-3262

わかやぎ会広報誌「わかやぎ」

 平成25年12月創刊で現在まで続いています。ここではそのいくつかを紹介します。
 表題をクリックしていただく事で内容を読む事ができます。
創刊号 平成25年12月
  発行によせて(第1・蓑田会長)、活動紹介、サークル案内、加入した皆さんの声

第2号 平成26年11月
  多彩な活動に想う(第3・立脇会長)
  活動紹介(講演会、イベント活動、ポレポレ、サークル)
  あの時この時三十年

第12号 令和2年11月
  コロナ禍でもつながりを大切に(第2・宇田川会長)、サークル紹介
  湘南と片瀬山今昔(座談会)
  わかやぎ会広報誌のお知らせ

わかやぎ会サークル紹介記事

  当ホームページの「取材しました」でのわかやぎ会サークルの紹介記事のリンクです。
 麻雀サークル
 〇
グランドゴルフサークル
 
吹き矢サークル

令和2年度連合わかやぎ会活動計画

1.友愛活動
 ①在宅訪問 友愛3チームによる対象者(高齢独居者、病弱者等)11名への訪問活動 月1
②鵠生園への訪問奉仕活動
  2チーム4グループにより年44回訪問
  雑巾づくり、歌集整理の雑用、ぬり絵、太極拳の指導等
 ③サロン活動
  遊々会、花水木会、ひまわり&パンジー会(お食事・お茶会)年11回
  メンズサロン(懇談会)年6回・お茶のみサロン(コミュニティー)月1回
 ④お赤飯の配布 敬老の日 80歳以上の会員約140名
2.文化教養活動
 ①講演会・講座の開催
  「片瀬山の住環境」「鎌倉の石仏」「万葉集と令和」「食育・医療講座」等5回、鑑賞会
  (映画or美術)、移動公民館(5月)高齢者と健康
 ②市老連趣味展(11月)への出展
3.イベント活動
 ①バス旅行「観桜会」「紅葉狩り」2回
 ②お楽しみ会(5月)
 〇片老連交流会
4.ポレポレ会とサークル活動
 ①ポレポレ会「工場見学キリンビバレッジ」
 ②サークル活動 12サークル 月1~4回の例会活動
  〇グランドゴルフ大会(11月)於北公園
 ③健康体操 北公園 第1・3土曜日 西公園 第2・4土曜日
5.広報誌の発行 5月、11月 2回発行
6.研修会への出席
  市老連会長研修会・片老連会長研修会、市老連友愛部会研修会
7.会議の開催
 〇わかやぎ会総会・役員定例会 毎月第2金曜日
 〇市老連総会・片老連総会・片老連定例会 毎月第3水曜日

わかやぎ会の歌

わかやぎ会の歌楽譜と歌詞     
  昭和49年4月18日作 
  作詞 作曲 佐藤キミ
     補作 片山信平

【サークル紹介】わかやぎ会麻雀サークル

これから片瀬山の中にある、様々なサークル活動のご紹介も掲載いたします。
片瀬山市民の家やコミュニティハウス片瀬山等を拠点に、沢山のサークル活動が行われています。そこでは様々な分野でのコミュニティ活動が行われており、一味違ったユニークな活動もあります。今回はそのサークルの一つをメンバーでもあるAさんのレポートでご紹介します。わかやぎ会は片瀬山の高齢者の会です。

“【サークル紹介】わかやぎ会麻雀サークル” の続きを読む

片瀬山の防犯カメラシステム

約10年前から設置・運用
 早くから自治会主導で防犯カメラの導入・運用をして、住宅地としては非常に早い取組みであり、街としての安心に大きな役割を果たしてきました。
当初はボランティア主体の運営活動でしたが、現在では各丁目(1~5丁目)の会長・防犯担当役員を中心に地元片瀬山駐在所・藤沢警察署と連携しながら、管理運営が行われています。設置場所はだんだん増えて、現在は片瀬山住宅地に出入りする道の出入口のすべて、合計9箇所に設置されています。

3方向を映す防犯カメラ

2019年に最新型に一斉更新
 多額の費用負担もありましたが、最新型のカメラ・記録システムに更新され、データの確認も簡単にできるようになり、今まで以上にスピーディな防犯対応が可能になりました。
どんな時に役立っているか
 最近の事例では、片瀬山住宅地を舞台にした窃盗・ひったくり事件の犯人の追跡、振り込め詐欺の犯人の追跡や立証等 様々な犯罪での(残念ながら)活躍?の事例がありました。そのおかげもあって、犯罪の低減に役立っているものと思われます。

環境委員会の設立目的と当面の活動目標

既存の住環境関係2委員会の役割
片瀬山では各丁目ごとに締結する「建築協定」と、「土地建物に関する申し合わせ(いわゆる50坪規制)」という2つの規制の運営にあたる委員会(前者;建築協定委員、後者;住環境委員)がそれぞれ存在しています。いずれも定常・定型的な業務があり、いわば今日の片瀬山の住環境の維持の役割を担っています。そしていずれも任期は1年あるいは2年です。

新たな環境委員会が必要
片瀬山も50年を迎え、将来にわたり「住みよい街」「素晴らしい住環境」を引き継いでいくためには、従来の規制の見直しに加えて長期的かつ幅広い視点での活動ができる組織が必要だと考えました。1年単位でのメンバーでは、じっくり課題を掘り起こして、様々な新しい施策を提案していくのは困難だからです。そのため複数年活動する事を前提に新たな委員会として片瀬山環境委員会を立ち上げる事にしました。既存2委員会が今日の問題に対処するのに対し、明日以降の問題に対処するという役割分担です。

片瀬山自治会連絡会の承認の元に設立
片瀬山自治会連絡会に対して、活動内容の報告、次年度の活動計画の承認、メンバーの承認を行う形で設置する事になりました。問題意識を共有する有志を核とし、各丁目のメンバーを加えて活動をしています。2019年度は様々な年代の住民の方々それぞれの「住みよいとは」「こうなって欲しい」の声を聴いて回りました。その中で「片瀬山の魅力」と、「困った」「今後が不安」「こうすれば」を伺う事ができ、それを元に2020年度の活動計画を立案しました。2020年はコロナ禍のためにホームページ以外はあまり進めることができませんでしたが、2021年はホームページで獲得した発信力をベースにやろうとしたことを実現したいと考えています。以下は自治会連絡会に提出した概要資料です。
2019年の活動+2020年の活動計画
2020年の活動+2021年の活動計画


環境委員会の問題意識と目指す事
最近の片瀬山では転入世帯も多く、多くの新築工事が行われています。一方で高齢化が進み、分割区画や空き家も増えています。50年前、ほぼ同年代の家族が一斉入居する事でスタートした街でしたが、今は様々な世代が暮らしています。こうした街において、必要な住環境の整備はどんな事か?建築規制はこのままで良いのか?交通機関は?買い物は?コミュニティ施設は? 高齢者、現役世代、子供まで幅広い世代のニーズを探り、施策を提言し、議論を巻き起こし、実行に関わりたいと思います。2020年はまず、バスを中心とした交通問題、不動産業界との連携、新市民の家、建築規制等を重点テーマとして取り組もうと考えています。

Afterコロナの時代 STAY HOME TOWN片瀬山を目指して
さらに2020年に入って突如発生したコロナ感染問題は、片瀬山の住環境を考える上で大きな要素である「働き方」や「時間の使い方」に大きな影響を与えようとしています。これらも踏まえて、片瀬山で過ごす時間の充実=STAY HOME TOWN片瀬山も、もう一つの重要なテーマとして片瀬山での住環境を考えていきたいと思います。

客観的な情報を提供します
これらの議論の基礎情報として、客観的な事実や情報、住民の声を元に調査・分析を行い、その内容を皆さんに提示する事が必要です。先ほどの「住民の声をまとめたレポート」も併せて、様々な機会に発表した資料類を下記に格納しております。(片瀬山住民限定)
片瀬山環境委員会主要資料