【MINI取材】年末年始の風景2023-3024

今年も片瀬山ではおだやかな年末年始でしたが・・

皆様明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
恒例の年末年始の片瀬山周辺の様子をお伝えします。
12月31日、西の方向の低い所にはあいにく雲が広がっていて、富士見坂からの日没風景はよく見えませんでした。例年同様日没を見にいらしている方がいました。ここでは30日に撮影しておいた夕方の風景をここにご紹介します。屏風の絵のような美しいグラデーションの中の富士山の風景になっていました。

12月30日撮影 富士見坂の上の方のガードレールは今年新しくなりました。以前は錆びてひどかったのですが、きれいになってよかったです。

31日の夕方の富士見坂はこんな感じでした。

12月31日撮影 日没相当時間 今年最後の日没を見ようと今年も車も含めて十数人がいらしていましたが、残念ながら富士山も日没も見えませんでした。

そして、1月1日を迎え、良い天気に恵まれて、寒すぎず穏やかなお正月となりました。これは環境委員会KAさんが撮影してくれた小動からの初日の出の様子です。今年こそはよい年であるようにとお願いしたくなる風景です。

1月1日朝小動から 穏やかな海にサーフィンの人も

そして同じ朝の富士山です。お正月の富士山は本当に美しいですね。

1月1日1丁目からの富士山 Kさん撮影

それで順当に元旦の諏訪神社での初詣風景です。参道入口近くまで列が伸びていました。

1月1日諏訪神社下社での初詣風景

昨秋の諏訪神社鎮座1300年祭の取材で、その長い歴史を知ったので、なかなか感慨がありました。ぜひ読んでみてください。
諏訪神社鎮座1300年祭
帰宅しておせち料理をつついて、のんびりと過ごしていたら、能登でおきた地震の速報の連打となり、おめでたい雰囲気は吹き飛んでしまいました。地震のニュースは他人ごとではありません。いつかは自分の話 というつもりで聞かなければと思います。
ーーーーーーーーーーーー
お正月は編集部も10日ほどお休みを頂きまして、次回の「もっと知りたい片瀬山」記事の更新は1月13日頃の予定です。今年もよろしくお願いいたします。緊急性のあるお知らせ等は随時掲載します。
(Reported By S,Photo By KA,K)